呪術廻戦【アニメ】3話-4話あらすじと解説

1 min

今回紹介するのは呪術廻戦3話と4話です。前回の1話と2話では普通の高校生が呪物を飲み込んでしまい、主人公が特級呪物になってしまいました。

登場人物

  • 虎杖 悠仁→本作の主人公。都立呪術高専の1年生
  • 伏黒 恵→都立呪術高専の1年生。2級呪術師
  • 釘崎 野薔薇→都立呪術高専1年生。3級呪術師
  • 五条 悟→都立呪術高専の1年生の先生

この作品は漫画も出ています↓↓

 

あらすじと解説

(3話)

呪術高専に入学することになった主人公。さっそく寮に案内されると隣が伏黒だった。ガッカリする虎杖の元に五条先生がやってきた。すると、東京へ行き新しい3人目の入学生を迎えにいくようだ。東京原宿に到着した3人は辺りを見渡してみると口論している現場に遭遇することに。それは1年生の釘崎 野薔薇だった。

挨拶を済ませると五条先生から東京の六本木へ東京観光と言う名の呪い退治に出かけるようだ。

4人は霊園移動し、個々の能力を見るため虎杖と釘崎と二人で廃ビルの中を見てくるように五条先生に言われた。シャッターを開けるとそこはとても薄暗く何かが出そうな雰囲気だった。

さっそく、二手に分かれて探索するようだ。さっそく虎杖は呪物に遭遇した。しかし呪刀で難なく倒してしまった。次は釘崎も呪物に遭遇。それは普通に見ただけではわからないが、釘崎はマネキン人形に擬態していた呪霊を察知した。

呪具の釘を投げ攻撃してみると、倒れず起き上がった。もう一度自分の呪力を込めると砕け散って勝利を確信した。男の子が泣いている声が聞こえ、呪霊は正体を現す。
しかし釘崎がちょうど合流し壁をぶち破り、呪具の刀を使って難なく倒してしまった

(4話)

緊急事態が起きたというと言う知らせを受け、少年院に派遣された虎杖、伏黒、釘崎の3人は現場にやってくると、建物の中へ入っていく。
後ろを振り返ると入ってきた入り口が消えていた。だが、伏黒の使い魔で、出口の場所はわかるようだ。

ひとまず、奥を目指してみることに歩いていると釘崎とはぐれてしまった。次の瞬間、二人は動くことが出来ず、伏黒が特級呪物だと呟く。すると特級呪物が現れた。
虎杖は自分が食い止めるから逃げろと伏黒に言うと、伏黒は釘崎の行方を捜しに使い魔を召喚して探しに出ることになった。

FODプレミアム

FODプレミアムはフジテレビが運営する動画配信サービスです。FODプレミアムでしか見ることできない作品も配信されております。

  • FODプレミアムでしか見れない作品が配信されている
  • 130を超える雑誌が読み放題
  • 初回2週間無料トライアル
  • 最新マンガもお得に購入できる。
  • FOD独占ラインナップ多数

FODプレミアムでしか見れない作品が配信されているなど嬉しいですね。おなじサイト内に雑誌読み放題のコーナーや最新マンガなどみることができます。
雑誌、漫画、映画、アニメがまとまっている点も魅力的です。今回、紹介した作品はFODプレミアムで配信されています!
まずは2週間無料トライアルで登録をしてアナタの見たい作品があるのかチェックしてみましょう。

\クリックして詳しくみる/
SATOSHI

SATOSHI

お家で過ごす事が好きなインドア派で漫画、映画、ゲーム大好きな30代ブログに興味を持ちワードプレスで主に漫画感想ブログを書いています

FOLLOW

カテゴリー:
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA