山と食欲と私1巻/信濃川日出雄/あらすじと感想

1 min

「山と食欲と私1巻」著者:信濃川日出雄

あらすじと見どころ感想を書いていきます。主人公は会社員の日々野 鮎美。この漫画はいわゆる主人公が山ガールです。登山が趣味と言うよりは登山後の食べる食事がとても美味しそうです。

この記事を読んでわかる事
  • 山と食欲と私1巻感想が分かる
  • 読んだ感想が分かる
スポンサーリンク

あらすじ

山と食欲と私(1)

山と食欲と私(1)

[著]信濃川日出雄

 

鮎美いつものように登山をしていると登山客に遭遇する。山ガールなんて呼ばれながらその場を後にして登頂まで登りきると作ってきていた、おにぎりを美味しそうに食べた。また、別の山では登山客に埋もれながら山を登って行き、お目当てはやっぱり登頂後のご飯である。

今回は冬景色が綺麗な山で一休み。他の登山客を横目に、キャンプで使うようなクッカーなる物を取りだし調理を開始する。

感想

はじめは登山漫画と思いきや、まさかのグルメメインの漫画なのかなと感じました。登場する料理が外で食べたら絶対美味いだろうと思う食べ物ばかりで思わずじっくり見てします。主人公の鮎美は一人で登山をすることが大好きなのでしょうね。

これから登山がきっかけで恋に発展するパターンもあるのかな!?これからの展開が楽しみですね。この漫画はグルメ系の漫画好きなアナタや山ガール好きなアナタにお勧めできる漫画です。

Rentaでは無料で試し読みすることができます。また100円からレンタル作品もありますのでぜひ読んで見てください。

\\無料サンプルはこちら//
↓↓↓

山と食欲と私(1)

 

ランキング

(少年漫画ランキング)
SATOSHI

SATOSHI

お家で過ごす事が好きなインドア派で漫画、映画、ゲーム大好きな30代ブログに興味を持ちワードプレスで主に漫画感想ブログを書いています

FOLLOW

カテゴリー:
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA