神達に拾われた男【Roy】あらすじと感想

2 min

神に拾われた男1巻のあらすじと感想を書いていきます。転生ジャンルの漫画で、見た目は男の子ですが中身はごく普通のサラリーマンです。

新しい世界でモンスターたちと気ままに暮らすそんな生活いいですね。

スポンサーリンク

あらすじ

神達に拾われた男(1)主人公リョウマは冒頭ではごく普通のサラリーマンが亡くなりました。しかし転生し、神様たちがいる広間に立っていた。
理由を聞くと寝ている最中にクシャミをして少しずつ枕から頭が移動し床に頭を打ち付けそのまま亡くなってしまったようたっだ。使命があるのか?尋ねると、私たちの世界で生きる事だと言う。こうして主人公は異世界へ入って行った。

別の世界へたどり着くと姿は子供の男の子の姿に変わっており、一匹のスライムに遭遇する事に!ティムと呼ばれる魔法を唱え放つとスライムを倒す事に成功していた。

3年後スライム達を従えてドラゴンを倒す程の戦闘力をつけていたのです。ある日に森で兵士達に出会い、その一団の一人は負傷していました。大量に作っていたポーション(キズ薬を)手渡した。
自分の住む家に案内すると中に案内するとベッドに負傷した兵士を寝かせ、ポーション取りに行き持って来ると兵士に渡した。

一団はポーションがあるのに驚いた様子で、ポーションを自分で作成している事に驚いていました。するとお礼に来たのだろか?公爵と名乗る男が現れ、自己紹介などをした。
話を聞いてみるとガウナゴと呼ばれる街に帰る途中なのだ言う。その歳で、ポーション作りや魔法こなせることに一同は驚いて聞いてきた。

しかし転生して少年の姿になりました。とは言えず神様たちが作った設定(ウソ)つくことに!それは祖父母が3年前に亡くなり、それから一人で森で暮らしている事などを打ち明けあけ、小型確認水晶と呼ばれる道具をみせた。
水晶に触れると名前や種族、年齢やその者の一番高いスキルなどが4つ水晶に映し出されるという優れものだがリョウマの戦闘スキルはなかった。

水晶を見ながら危険な森での生活を切り抜けたのだろう。ここの生活が気に入っているし、無理に街に行く気はないことを話しケガをした兵士が起き上れるようになったたので街へと帰っていきました。

あれから2週間いつもどうりスライム達と協力しながら狩りをしていたその頃、自分の名前を呼ぶ声が聞こえ、振り返ると2週間前に助けた兵士の一団が森にやってきた。

感想

転生に至る経緯はありふれた理由だったが、まさかのサラリーマンの男が小さな男の子に転生しまいましたね。ビックリしました。
また元にいた世界から別の世界へ転生し、自由気ままな生活をスタートさせたわけですが丸三年スライムの研究や、スライムの仲間を増やしていました。。。

数にして1500体この数にも驚きですが、スライムにハマりずっと森から出ることはありませんでした。しかし神様達は戦闘スキル0だが生活スキルは達人レベルで前世のスキルを受け継いだのかもしれません。
それにしても達人レベルって凄すぎです。

また森で遭遇した兵士を助けてあげてしばらくして、また森にやってきました。
頼み事があるのかな?それとも仲間になりたいとかでしょうか?続き楽しみですね!

\\\無料試し読みはこちら///
 
SATOSHI

SATOSHI

お家で過ごす事が好きなインドア派で漫画、映画、ゲーム大好きな30代ブログに興味を持ちワードプレスで主に漫画感想ブログを書いています

FOLLOW

カテゴリー:
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA